Choco Soft

Nadesiko DE RDB

Choco Soft header image 2

激安Windowsタブレットは仕事に使えるか?Part1

2018年09月12日 · コメント(0) · Windows10, Windowsタブレット

このページを印刷します。 このページを印刷します。
【プロローグ編】
AmazonのタイムセールでWindowsタブレットを思わずクリックしてしまいました。
仕方がないので仕事に使えるかを検証しました(

今回間違ってクリックしたのは以下の機種です。
Chuwi Surbook mini CWI540 2-in-1

【主なスペック】
CPU:Cereron N3450
RAM:4GB
MMC:64GB
画面:10インチ
解像度:1920×1280(ちょっと凄いです)
WiFi:802.11acまで対応
キーボード:別売
マウス:別売
重量:780g(軽いです)
OS:Windows10 Home 64bit
Soft:MicroSoft Mobile Word,Excel,Powerpoint
付属品:ACアダプタ

このタブレットにいろんなソフトを入れるのは厳しいですが、クラウドストレージを利用するのであればイケルんじゃ?
と思ったのでインストールしたソフトは以下の4つにしました。
1.TeraTerm(SSHクライアント)
2.WinSCP(FTPクライアント)
3.Sublime(テキストエディター)
4.Google chrome(仕事でGoogleを使っている為)

外出先ではテザリングで使います。
今回検証に利用した環境は以下の通りです。
キャリア:IIJ

スマホ:ASUS Zenfone4

マウスはUSBタイプを使用

キーボードも有線(こちらは有線を推奨します。無線だとBios画面出せないので。)

専用キーボードも販売してました。(来月購入予定)

※後で書きますが、仕事で持って歩くならこれ必須でした。

カバーはこれを購入しましたが、中国から発送らしく10月末に届く予定です。

電源を入れてWindowsの初期登録が終わってからですが、Windowsアップデートをかけた結果、ストレージ容量の残りは40GBでした。
なんかOfficeProfessionalくらいなら普通に入りそうです。
お金をかけたくないので入れませんが・・・

【ゴールについて】
大まかですが、このブログ内での目標を決めておきます。
★タブレットをもたつかない程度に早く操作できるようにする。(個人用)
★このタブレットを仕事に使うときの最適解を見つける。(ビジネス用)

まずはBiosのチェックです。
タブレットなのでBios画面を出すのに一手間かかります。
USBキーボードをつけてから、Deleteキーを押したまま電源オン
これでBios設定画面が表示されます。
Biosは、AMIでした。
設定したいと思う項目は、何も無かったので見なかった事にして抜けました・・・。

Part2に続きます。

タグ :

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントする

*