Choco Soft

Nadesiko DE RDB

Choco Soft header image 1

Apps Scriptのトリガー方法 2021年度版

2021年09月12日 · Google

Apps Scriptのデプロイ方法 2021年度版からの続きになります。
スクリプトエディタ画面からの目覚まし時計のマークをクリックしてください。

trigger01

トリガー画面には何も設定されていないか、他のトリガーが設定されていると思います。
前回の続きなので、前回デプロイしたスクリプトをトリガー設定します。
「トリガーを追加」をクリックしてください。

trigger02

「実行する関数」はデプロイした関数を選択します。
「実行するデプロイ」は何もしていなければ「バージョン1」になっています。
「イベントのソースを選択」は、今回は私はスプレッドシートにスクリプトを書いたので「スプレッドシート」をクリックします。
「イベントの種類」は任意のものを選択してください。私は大体フォーム送信時にしてます。
「エラー通知設定」は、しょっちゅう来ても困るので毎日にしています。

trigger03

デプロイの時と同様の操作が始まります。。。
自分のアカウントが表示されるので、それをクリックしてください。

trigger04

「詳細」をクリックしてください。

trigger05

「安全でないページに移動」をクリックしてください。

trigger06

「許可」をクリックしてください。

trigger07

トリガー画面に今設定したものが表示されていれば完了です。

trigger08

お疲れ様でした。

→ コメント(0)タグ : ···

Apps Scriptのデプロイ方法 2021年度版

2021年09月12日 · Google

気が付いたらGASのデプロイ画面が変わってました。
絶対忘れそうなのでメモします。
まずは従来のスクリプトエディタの画面からです。

画面が全然違いますが、まずは一番右端の「デプロイ」ボタンをクリックしましょう。

deploy01

次に「新しいデプロイ」を選択しましょう。

deploy02

デプロイタイプを有効にしましょう。

deploy03

「ウェブアプリ」を選択します。

deploy04

「説明」は任意の自分がわかる内容を記述します。
「ウェブアプリ」は自分のアカウントを指定します。
「アクセスできるユーザー」は「全員」を指定します。(一般的に全ての人に公開する場合ですね。)
その後に、「デプロイ」をクリックします。

deploy05

「アクセスを承認」をクリックします。

deploy06

「アカウントの選択」画面が表示されます。
自分のアカウントが表示されていると思いますので、それをクリックします。

deploy07

「このアプリはGoogleで確認されていません」と表示されます。
詳細をクリックしてください。

deploy08

「安全でないページに移動」をクリックしてください。

deploy09

アクセス許可の画面が表示されますので、画面下の「許可」をクリックしてください。

deploy10

「完了」をクリックしてください。

deploy11

スクリプトエディタの画面に戻れば、デプロイ完了です。
次はトリガーの設定ですが、長くなってきたので次にします。

deploy12

Apps Scriptのトリガー方法に続きます。

→ コメント(0)タグ : ····